歯医者がマイクロスコープを使うメリット

歯医者が使うマイクロスコープは歯を拡大して診ることができるもので、光が照射されるので歯の細部までよく見ることができます。


狭くて暗い口腔内は肉眼では見えにくいことがあり、これまでは歯医者の経験による推測などで治療を判断していたのも、マイクロスコープを使うことで口腔内をしっかりと診ることができ歯医者の経験による推測などではなく、確実に診て判断することが可能です。

人気上昇中の東京のマイクロスコープに関するお悩み解決にはこちらです。

そのため虫歯の治療などの際に歯の健康な部分まで余計に削ったりするということもなくなりますし、歯医者が見ている映像をモニターに移して患者も一緒に見ることができるので患者側も患部の状態や治療の必要性、進み具合などを理解することができ安心して治療を受けることができます。



またしっかりと見ることができるので、迅速に正確な判断ができるようになり的確な治療を行うことができるという大きなメリットがあります。


またこれまでは見えなかった細部までも見ることができることによって、見逃しによる再発や再治療を防ぐことができたり、虫歯などの兆候を見つけやすくもなるため早めの治療に取り掛かることができるのもメリットです。

その他にも歯石の除去の際などに用いることによって明るくはっきりと見えるようになるため、きれいに歯石を取り除くことができたり、手術の際などは小さな針や細かい縫合糸を使用しやすくなり、それによって治りが早く傷跡も残りにくくできると言ったメリットがあります。

M3Qに関連した情報が掲載されています。