歯医者に行かないと虫歯はどんどん悪化してしまう

虫歯ができてしまっても、歯医者に行きたくないなどの理由から虫歯を治療しないで、そのままにしてしまう人がいますが、虫歯があるのに治療しないで、そのままにしておくことは、非常に危険です。

虫歯は、治療しなければ完治することはなくどんどん虫歯の進行が進んでしまいます。
ですので、虫歯の治療を行わない期間が長くなれば長くなるほど虫歯もどんどん悪化していきます。

虫歯が悪化してくると痛みや頭痛、肩こりといった症状を引き起こす原因となってしまいます。



虫歯による痛みに耐えられなくて、市販の薬などで虫歯の痛みを抑えたとしても、薬による効果は一時的なものですので、薬の効果が切れれば、また痛みに襲われることになってしまいます。


治療もしていないのに虫歯による痛みを感じなくなった場合には、虫歯が悪化してしまい、歯の神経が死んでしまった可能性が高くなります。

虫歯による痛みに解放されたので、安心できると思われる人もいますが、歯の神経が死ぬと歯が脆くなってしまいます。



ですので、転んだり、固い食べ物などを食べて、歯にちょっとした衝撃を受けるだけでも、歯が欠けたりしてしまう場合もあります。



歯医者が怖いという人もたくさんいますが、最近では、歯医者独特の消毒の匂いを軽減させていたり、痛みを感じない治療が主流になりつつあったりと昔よりも様々な工夫がされています。
また、歯を削らないで、虫歯を治療することも可能になっていたりと昔よりも治療技術が進んでいて、安心して治療を受けることができます。